忍者ブログ
非電源のボードゲーム(テーブルゲーム、アナログゲーム、カードゲーム、ドイツゲームなどアレコレ)に、広い意味で特化したブログ。 レシピ少なめ、レビュー蒐集ましまし!あ、ニンニクはいらないです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トランプでボドゲ風ゲームを作ってみた

実験⑦’ 物語性のある、二人専用トリックテイキングゲームが作れるか?



トランプでどこまでボードゲームに近づけるか

実験する企画の第7弾は、2人専用トリックテイキングゲーム!
の拡張版?、ヴァリアントルールをご紹介!

(追記:2015.1.25)全体的に細かい部分を修正。そして、このゲームの正式名称を「トランクと行商人」に決定!

◆他のトランプゲームが気になる ⇒ 創作?活動の目次
◇実験10以降は ⇒ ボードゲームのレシピ▼創作活動館


<< 実験開始 >>

ルールのベース:フォレショレ

タイトル:トランクと行商人・ヴァリアントルール
(旧・トラン苦テイキング(仮)・ヴァリアントルール)

人数:2人専用

対象:分数とマイナスの概念が理解できる人

時間:30~40分


【 前置き 】

トラン苦テイキング(現:トランクと行商人)をつくった際に、

「ただで捨てるのは、もったいないなぁ」
「でも、難しいルールなんだよなぁ」という、

本来ゴミ箱行きだったものを集めて、
ヴァリアントルールとしました!

また一癖ある違った味を、どうぞご堪能下さいませ。


★ 従来のルールは、こちら

→ 実験⑦ トランクと行商人



<< 上級ルール >>

トランクと行商人が「ぬるい!」という方向けのルールです。


[ コメント ]

ゲーム終了後の手札を全てトランクに置かなければならないため、高い手札のマネージメント能力が必要となります。


▼以下の3つのルールを新しく修正して遊びます。

A:手札の補充について

【手札の補充】

4トリック目が終わった後の、14)次のトリックの準備 の時(つまり、5トリック目を始める前)に、

(旧)
ジョーカーを持っているプレイヤーから、手札が6枚になるまで山札の一番上から補充します。

(新)
ジョーカーを持っているプレイヤーから順に、手札の補充を行います。補充は、1枚以上6枚以下で、山札の一番上から1回だけ行います。

*お互いに、1〜6枚の間で補充する枚数を自由に決めます。

*補充するカード枚数は、それぞれで異なることが多いでしょう。


B:ゲーム終了後の手札について

【勝敗】

(旧)
・それぞれ、余った手札を全て表向きで捨て札にします。

(新)
・それぞれ、余った手札を全て自分のトランクの下側に表向きで置き、ガラクタとします。


C:貴重な商品の得点について

《貴重な商品》
JQKで構成された8枚しかない貴重なカード。

(旧)
裏向き・・・容量1(2点)
表向き・・・容量1(0点)*

(新)
裏向き・・・容量1(点)
表向き・・・容量1(0点)*



<< マニアックルール >>

上級ルールに慣れた方向けのマニアックなルールです。


[ コメント ]

2枚目のカードを出す決定権をファーストプレイヤーが持ちます。
しかし、「同数の場合は後に出した方が勝利する」こととなり、意外に勝つのは難しいかもしれません。

さらに、上級ルールの「ゲーム終了後、余った手札を全てトランクの下側に置く」が効いてきて、より悩ましいゲーム展開があなたを待っているでしょう。


▼上級ルールに加え、以下の2つのルールを修正して遊びます。

D:カードのプレイについて

10)
お互いに1枚目のカードを出した後、再びファーストプレイヤーに手番が回ってきます。

(旧)
ここで、2枚目のカードを出すか、パスするかを、順番に選択します。

お互いに、出しても出さなくても良いです(一人が出して、一人がパスすることもあります)。

*一人のプレイヤーが出せるスートは、1トリックにつき1スートのみです。


(新)
ここで、「2枚目のカードを出す」か「パスする」かを、ジョーカーを持っているプレイヤー(=カードをはじめに出すファーストプレイヤー)が選択します。

注意:その選択には、必ずもう一人のプレイヤーも従わなければなりません。

つまり、ファーストプレイヤーが「2枚目のカードを出す」と決めた場合、必ずもう一人のプレイヤーも2枚目のカードを出します!

逆に「パスする」と決めた場合は、必ずもう一人のプレイヤーもパスします。

*一人のプレイヤーが出せるスートは、1トリックにつき1スートのみです。

例:
ファーストプレイヤーであるneはハートの5を出し、もう一人のプレイヤーjjは、ハートの7を出しました。再び手番がまわってきたneは、このままでは負けてしまうので、もう1枚ハートを出そうとしました。が、手札にはハートが無かったため、「パス」を選択しました。それに従い、jjも「パス」をしました。

例:
ファーストプレイヤーであるneはハートの5を出し、もう1人のプレイヤーjjは、ハートが手札に無かったため、切り札であるスペードの2を出しました。ここでneは、今回のトリックの負けは確定しましたが、ガラクタが欲しかったので、2枚目のハートの3を出すことにしました。それに従い、jjは、出したくなかった(かつ、手札に残る最後の)スペードの8を出すことになってしまいました。


ゲーム中盤以降に、よく起こりますが、もし、2枚目を出すことが決まった際に、もう一人のプレイヤーがカードを出すことができない場合に限り、そのことを宣言し「パス」します。

*嘘をついてはいけません。

*後から出せることが判明した際には、それを行ったプレイヤーは反則負けとなります。


E:トリックの勝者

13)
お互い、出した1〜2枚のカードの数を合計します。

(旧)
*数が同じ場合は、先に出したプレイヤーの方が「数が大きい」とみなされます。

(新)
*数が同じ場合は、後に出したプレイヤーの方が「数が大きい」とみなされます。



<< マゾヒストルール >>

苦しいの大好き!というMの方に贈るルールです。


[ コメント ]

もしかして、変態さんです?失礼しました。
このルールで、逆説的に正しい意味でトリックテイキングとなります。


▼上級ルール、マニアックルールに加えて、以下の3つのルールを修正します。

F:トリック勝敗後の処理について

(旧)
・トリックで、より大きい数を出したプレイヤーは、今回使用した全ての自分のカードを捨て札にします。

・そして、貴重な商品を手に取り、トランクの下側に1.表向きで置く、2.裏向きで置く、のどちらか1つを選択します。

・より小さい数を出したプレイヤーは、今回使用した全ての自分のカードを、1.捨て札にする、2.自分のトランクの下側に置く、のどちらか1つを選択します。


(新)
・トリックで、より小さい数を出したプレイヤーは、今回使用した(自分も相手も含めた)全てのカードを手に取り、自分のトランクの下側に置かなければなりません。

*常に2〜4枚増えます。
*ただし、今回のトリックで切り札のスートを出していた場合は、全て捨て札にして手番を終了します!

・その際、同じスートのカードが3枚あれば、それを3枚ひと組として1つに重ねて、表向きでトランクの下側に置きます。

*3枚ひと組で、ガラクタ1枚分です。

*すでにトランクに置いてある、同じスートのカードと一緒にしてはいけません。3枚ひと組は、必ずこのタイミングでしかなりません!

・次に、トリックで、より大きい数を出したプレイヤーは、貴重な商品を手に取り、トランクの下側に1.表向きで置く、2.裏向きで置く、あるいは、3.トランクの右側に表向きで置く(後述)、のどれか1つを選択します。


G:8トリック終了後の手札の処理

・それぞれ、余った手札を全て自分のトランクの下側に表向きで置き、ガラクタとします。

(新)
・その際、同じスートのカードが余った手札に3枚あれば、それを3枚ひと組として1つに重ねて、表向きでトランクの下側に置きます。

*3枚ひと組で、ガラクタ1枚分です。

*同じ3枚のスートがある限り、何組でもつくれます。

*すでにトランクに置いてある、同じスートのカードと一緒にしてはいけません。


H:貴重な商品の新たな置き方について

(新)
トランクの右横に表向き・・・容量0(0点)**

これは、驚くべき収納術だ!

**このカードを置くことにより、自分のトランクの容量が+3されます。

**効果は累積するため、2枚置けば容量が+6、3枚置けば容量が+9…と増えて行きます。が、何枚置いても点は増えません。


例:
5トリックまで終わり、zmの容量7のトランクに、7枚のカードが置いてあります。6トリック目の勝負がつきました。トリックに勝利したzmは、貴重な商品を手に取り、自分のトランクの右側に置きました。これでzmのトランクの容量は7+3=10となり、あと3枚の余裕ができました。



<< カスタマイズルール >>

上記のヴァリアントルールの中から、好きなルールだけを選択・組み合わせて、自分たちだけのルールを作り遊んでみてください。


▼以下、修正した新ルールを列記します。

A:手札の補充は1〜6枚


B:ゲーム終了後の手札は、表向きで全てトランクへ(ガラクタになる)


C:貴重な商品の得点は、1枚3点


D:カードのプレイは、ファーストプレイヤーに従う


E:トリックにおいて、数が同じ場合は、後に出したプレイヤーの方が「数が大きい」


F:トリックで、より小さい数を出したプレイヤーは、今回使用した(自分も相手も含めた)全てのカードを自分のトランクの下側に置かなければならない(ガラクタになる)。ただし、今回のトリックが切り札のスートであった場合は、ガラクタにはせず全て捨て札にする。

その際、同スート3枚ひと組を重ねて、ガラクタ1枚分としてトランクの下側に置ける

トリックで、より大きい数を出したプレイヤーは、貴重な商品を手に取り、新たに、3.トランクの右側に表向きで置く、を選択することができる


G:8トリック終了後の手札を全てトランクに置く際も、3枚ひと組を重ねて、ガラクタ1枚分としてトランクの下側に置ける(組みになる限り、いくらでも)


H:貴重な商品をトランクの右横に表向き・・・容量0(0点)

*1枚につき、容量を+3にする(効果は、蓄積する)


Copyright (C) 2014.3 http://recipeofbodoge.gg-blog.com/(オシノ) All Rights Reserved.







結論:


考察:

・これで、少しはトリックテイキングらしく、なってくれたでしょうか・・・?

・もし、自分たちで面白いルールを作ることができたら、ぜひ教えてくださいね~


備考:

★ 遊んでみた感想や、「ここはこうした方が、もっと面白いよ!」などのご意見は、記事のコメントによろしくお願いします!

★ おそらく、完全同一なルールのゲームはないと思いたいですが、もしありましたらご指摘ください。。。

☆ 今のところ、誰でも閲覧可能のフリーゲームとして公開しています!

☆ ルールのお問い合わせなどは以下のメールに、よろしくお願いします。

⇒ oshino.rinyagmail.com

(送る際はを@に変えてください)


トップの無関係で(笑)素敵な写真のイラストは、blue-greenさんからお借りしました!



タグ:ボードゲームのレシピ、創作?活動、実験⑦’、トラン苦テイキング、ヴァリアントルール、「トランクと行商人」に名称を正式決定しました!


===============================
 全ゲームリストへ移動

 ボドゲ雑記の目次へ移動

 創作?活動の目次へ移動

(構想中)
→ デザイナー別ゲームリストへ移動
→ テーマ別ゲームリストへ移動


◆キーワード検索窓はこちら

Google
WWW 検索  当サイト内検索






拍手[0回]

PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
ご訪問者様
シンプルカレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
いま・・・
人気記事ランキング
プロフィール
HN:
ボードゲーム愛好者
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ボードゲーム&カードゲーム
最新コメント
[11/17 おひ☆]
[11/16 おひ☆]
[10/11 ナヴェ@オサブラゲームズ]
[09/19 かわぐち@ちゃがちゃがゲームズ]
[09/08 通りすがり]
P R
フィードメーター - ボードゲームのレシピ
忍者ブログ [PR]
"ボードゲーム愛好者" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.