忍者ブログ
非電源のボードゲーム(テーブルゲーム、アナログゲーム、カードゲーム、ドイツゲームなどアレコレ)に、広い意味で特化したブログ。 レシピ少なめ、レビュー蒐集ましまし!あ、ニンニクはいらないです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トランプでボドゲ風ゲームを作ってみた

実験③ トランプで少し複雑な競りを楽しめるか?



トランプでどこまでボードゲームに近づけるか

実験する企画の第三弾は、三人用競り&バッティングゲーム!

(追記:2014.2.9)プレイヤーの座り方について明記
(追記:2014.2.15)場札の引き方について明記


◆他のトランプゲームが気になる ⇒ 創作?活動の目次
◇実験10以降は ⇒ ボードゲームのレシピ▼創作活動館


<< 実験開始 >>

ルールのベース:ハゲタカのえじき




タイトル:チキンスープ(臆病者の冷や汗)

人数:3人専用

対象:競りの概念が理解できる人

時間:20分くらい?


【物語】

臆病者(チキン)が三人集まって、なぜか不思議な勝負を始めることにしたようです。


【概要】

ラウンド制の数比べです。

最も低い数を出したプレイヤーと、最も高い数を出したプレイヤーが失点します。

なぜなら、ここには臆病者しかいないので、全員目立たない位置である「真ん中」を狙うわけです!

しかし、同じ数を出した場合は、その直前に同じ数を出したプレイヤーの方が「低い」と認定されてしまうので、注意が必要です!

5ラウンドが終わった時点で、最も失点が多いプレイヤーが負けです。


【準備】

・トランプ一式
・本ルール


0)
プレイヤーは、テーブルを囲むように、1辺に対して1人ずつ座ります。

1)
「ジョーカー」を抜き出し、トランプをそれぞれのマークで分けます。

2)
スペードだけ別にして、各プレイヤーは、1つのマークのA~K(13枚)を自分だけ内容が見えるように持ちます(以後、これを『手札』と呼びます)。

3)
スペードを「A~10」「J,Q,K」の2つに分けます(以後、スペードの「A~10」を『場札』、同様に「J,Q,K」を『ボーナスカード』と呼びます)。

4)
場札であるスペードの「A~10」を裏向きでシャッフルして1つの山とし、誰も中身が見えないようテーブルの中央に置きます(以後、これを『場札の山』と呼びます)。

* スペードのA~10は、その数分だけ失点する、恐ろしいカードです!

5)
スペードの「JQK」を、大きい数字(K→Q→J)の順に、表向きで重ね、場札の山の側に置きます(これを、以後『ボーナスカードの山』と呼びます)。

* 一番上のカードは、スペードのKが見えています!



6)
3人の中で“最も勇敢なプレイヤー”、もしくは、“じゃんけんをして勝ったプレイヤー”が、スタートプレイヤーとしてジョーカー1枚を手に取り、自分の目の前にジョーカーが見えるように置きます。

* 決して、ジョーカーは手札に入れないでください!
 

【ゲームの進行】

1つのラウンドは、以下の3つのフェイズからなっています。

〔1〕バッティングありの競り
〔2〕失点の振り分け
〔3〕次のスタートプレイヤー決め


* バッティングとは、何人かのプレイヤーが出した数が被った(同じ)際に、特殊な効果が発揮するシステムと考えてください。


この3つのフェイズを5回(5ラウンド)行い、勝負します。


◆フェイズ1:競り

1)
そのラウンドのスタートプレイヤーは、場札の山から2枚引き、1枚目を表向きで、2枚目を裏向きで、場札の山の側に2枚横に並べて置きます。 

* スタートプレイヤーを含め、誰も裏向きのカードの中身を見てはいけません!

2)
各プレイヤーは、手札から任意の1枚を選び、自分の前に裏向きで置きます。

* 出したカードは使い捨てで、もう手札には戻って来ません!

* 意味があるのは数のみで、マークは勝負に影響しません。

この際、全員、公開された場札(スペードの数)よりも大きい数(+1以上)を出さなければなりません!


★ カードの強さ


K>Q>・・・>3>2(>1)

1はパス(パスできない場合は数字の1となります)


もし手札に、公開された場札よりも大きい数がない場合のみ、それよりも小さい数を出します(嘘をついてはいけません!)。

* が、失点はほぼ確実なので、そうならないように気をつけましょう!

2)
全員手札から裏向きで1枚出し終わったら、ジョーカーのプレイヤーから時計回り(左回り)に、1人ずつ順番に公開します。



* 数がバッティングした場合は、同じ数を出した直前のプレイヤーが低い数になります。

例:同じ数を出した順番による処理
・A→B    = A<B
・B→C    = B<C
・A→C    = A<C
・A→B→C  = <A<C

注釈:3人がバッティングした場合、Bが「最低」の数、Cが「最高」の数となります。

3)
1を出したプレイヤーは「パス」となり、今回のラウンドから下りた(数比べに参加してない)状態となります。

そして、他のプレイヤーだけで数比べをします。

* 2人が1を出した場合は、最初に1を出した方がパスできずに「1」の数となります。

* 3人が1を出した場合は、二番目に1を出したプレイヤーがパスできずに「1」の数となります。他の2人は「パス」です。


◆フェイズ2:失点の振り分け

1)
まず、最も低い数を出したプレイヤーが、向きの場札を取り、自分だけ中身を確認し、自分の目の前に向きのまま置きます。

* この場札は、取ったプレイヤーはいつでも自由に見ることができますが、その他のプレイヤーに見せるような愚をおかしてはなりません!

* 3人とも「パス」だった場合は、この場札を誰も中身を見ずに、ゲームから除外します。なぜなら、二番目に「1」を出したプレイヤー以外に数がなく、必然的に「1」が最高の数となるからです。


2)
次に、最も高い数を出したプレイヤーが、向きの場札を取り、自分の目の前に向きのまま置きます。


◆フェイズ3:次のスタートプレイヤー決め

・次のラウンドのスタートプレイヤーは、今のラウンドで表向きの場札を取った(最も高い数を出した)プレイヤーの、隣のプレイヤーとなります。

・該当するプレイヤーは、ジョーカーを手に取り、自分の前に表向きで置きます。


フェイズ3が終わったら、またフェイズ1まで戻って、以下の手順を繰り返します。


ゲームの例:

・ジョーカーを持つプレイヤーをAとし、左回りにプレイヤーB、プレイヤーCとします。

・場札には、表向きに1枚(スペードの6)、裏向きに1枚出されています。

・手札を順番に公開すると、Aは8、Bは10、Cも10でした。



・まず、最低の数である8(プレイヤーA)が、裏向きの場札を取ります(ちなみに、スペードの9=-9点でした!!)

・つぎに、最高の数である10ですが、バッティングが起きています。

・B→Cの流れで出したので、直前のプレイヤーが低い数になるため、B<CでプレイヤーCがスペードの6を取ります(-6点です!)
 
・次のスタートプレイヤーは、今のラウンドで表向きの場札を取ったCの、隣のプレイヤーである A となります。


◆ボーナスカードについて

・ボーナスカードは、最初に1を出したプレイヤーから順番に、パスができた/できなかったに関係なく、上から取ります。

K・・・+3点
Q・・・+2点
J・・・+1点

・ボーナスカードを取ったプレイヤーは、内容が他のプレイヤーによく見えるように、自分の目の前に置きます。

* 1を先に出したプレイヤーほど、ボーナス点は高いです。

* ゲーム中、ボーナスカードを取らないプレイヤーがいたり、誰もボーナスカードを取らない状況が発生したりすることがあります。

* その場合、余ったボーナスカードは、ゲームから除外します。


ゲームの例:

・ジョーカーを持つプレイヤーをAとし、左回りにプレイヤーB、プレイヤーCとします。

・プレイヤーAとBが1、プレイヤーCはQ(12)を出しました。

・プレイヤーAとBはバッティングが起きていますが、ボーナスカードは1を出した順に取るので、プレイヤーAがスペードのK(+3点)を、プレイヤーBがスペードのQ(+2点)を取ります。



・しかし、プレイヤーAはパスが無効化されたので「1」となり、裏向きの場札を取るはめになりました(ちなみに、スペードの4=-4点でした!)

・順番に、プレイヤーCはスペードの8を取ります。


【ゲームの終了】

5ラウンドを終え、場札が全てなくなったら、即座にゲームが終了します。


【勝敗】

・余った手札を、全てゲームから除外します。

・失点(と、持っていればボーナスカードの得点)を合算します。



・一番、失点が多いプレイヤーが敗北します。

* それ以外のプレイヤーは、全員勝者です。

* 要するに、勝負に負けて「臆病者の中の臆病者(チキン・オブ・チキン)にならなければ、それでいいのです。

・もし、一番、失点が多いプレイヤーが2人いた場合は、その両者が敗北します。

・珍しいことに、3人とも同点だった場合は、引き分けとなります。

Copyright (C) 2013.10 http://recipeofbodoge.gg-blog.com/(オシノ) All Rights Reserved.





結論:


考察:

・スコアを記録するボードが欲しい。特に、カルカソンヌについてるアレ。
・プレイエイド(ルールの簡易表)もあるといいね。

 → スコアボードには、ゲームを盛り上げる重要な役割があるのかも!


備考:

★ 遊んでみた感想や、「ここはこうした方が、もっと面白いよ!」などのご意見は、記事のコメントによろしくお願いします!

★ おそらく、完全同一なルールのゲームはないと思いたいですが、もしありましたらご指摘ください。。。

☆ 今のところ、誰でも閲覧可能のフリーゲームとして公開しています!

☆ ルールのお問い合わせなどは以下のメールに、よろしくお願いします。

⇒ oshino.rinyagmail.com

(送る際はに変えてください)


トップの無関係で(笑)素敵な写真のイラストは、blue-greenさんからお借りしました!



タグ:ボードゲームのレシピ、創作?活動、実験③、チキンスープ、数比べ、ハンドマネイジメント、競り、バッティング、そのスープは「不味そうだね」


===============================
 全ゲームリストへ移動

 ボドゲ雑記の目次へ移動

 創作?活動の目次へ移動

(構想中)
→ デザイナー別ゲームリストへ移動
→ テーマ別ゲームリストへ移動


◆キーワード検索窓はこちら

Google
WWW 検索  当サイト内検索






拍手[0回]

PR
COMMENT FORM
NAME
URL
MAIL
PASS
TITLE
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
ご訪問者様
シンプルカレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
いま・・・
人気記事ランキング
プロフィール
HN:
ボードゲーム愛好者
性別:
男性
職業:
社会人
趣味:
ボードゲーム&カードゲーム
最新コメント
[11/17 おひ☆]
[11/16 おひ☆]
[10/11 ナヴェ@オサブラゲームズ]
[09/19 かわぐち@ちゃがちゃがゲームズ]
[09/08 通りすがり]
P R
フィードメーター - ボードゲームのレシピ
忍者ブログ [PR]
"ボードゲーム愛好者" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.